mainitikodoku’s diary

自分自身への覚え書きを兼ねたもの

神勝寺 うどん

緊急事態が明けてずっと行きたかった神勝寺にさこちゃんと行った。

やっと弾と善のミュージアムに。

門構えは普通。

ても、入った途端の綺麗な景色。

思わず綺麗と自然に言ってしまう。

よく手入れされたお庭。

みて歩くだけで楽しい。

奥まで行くとなぜかロバがいた。

f:id:mainitikodoku:20211011052449j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052454j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052541j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052617j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052626j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052733j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052755j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052802j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011052823j:plain

いよいよ本殿へ。

めちゃくちゃ素晴らしい枯山水

ずっと眺めていられる。

おうちにこんなお庭があったら素敵だなー。

f:id:mainitikodoku:20211011063308j:plain

 

f:id:mainitikodoku:20211011063305j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011063304j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011063507j:plain

いよいよ御目当てのうどんへ。

お店の目の前の風景も素晴らしい。

修行になる?うどんらしい。うどんは湯だめ。

いただく作法を教えていただく。

食べる前にまずお経を読む。

持鉢は3つ。うどんをつける出汁を入れるのと、少しのおかず、最後に沢庵。

雲水箸を使ってうどんを食べる。

この箸は拍子木代わりに使うことがあるからこんなに太いんだと説明を受ける。

器と箸をいつも持ち歩くらしい。

箸休めにも作法があって斜めに置いて箸先を机から出すんだと。

うどんを食べ終わると、出汁の残りを次の少しのおかずの器に移して、最後に沢庵の器に移して、飲みほす。

沢庵で汚れを拭き取ってそれを食してご馳走様。

うどんはかなり太くて、白玉団子みたいな硬さ。

年寄りはつまらせんか?ってくらいウニュウニュしてる。

f:id:mainitikodoku:20211011065916j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011065926j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011065958j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011070759j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011070803j:plain

腹ごしらえの後は、1番見たかった建物へ。

デザイナーとコラボして作った建築物らしい。

圧巻。

あいにく中は修繕中で見れなかったけど。

f:id:mainitikodoku:20211011074804j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011074808j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011074812j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011074834j:plain

最後に茶室でお抹茶をいただいて帰宅。

茶室から見える風景も素晴らしい。

ここに住みたいと思った。

翌日和田からLINE。

福山どうだったかって。

遅出でイライラしてたから、今待機で1人のみって聞いた時点で行きたいって言ってしまって行ったわ。

f:id:mainitikodoku:20211011075557j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011075603j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011075654j:plain

f:id:mainitikodoku:20211011075726j:plain



f:id:mainitikodoku:20211011075658j:plain